CRSサバイバーによる風疹・CRS関連の情報提供や体験談のサイト。
ブログ

風疹&麻疹

ワクチンの薬液を勝手に混ぜてはいけない、というお話。

東京都品川区のクリニックがワクチンを混ぜて接種したことが判明というニュースがありました。結論としては「本数が多くてかわいそうだからといって薬液を混ぜてはいけない」ということなのですが…。

ワクチン勝手に混ぜて接種は危険なのか?「混合液には未知の副作用も」 (BuzzFeedNews, 5月17日)

子供の予防接種に詳しい長崎大学小児科(感染症)の森内浩幸教授によると、同時に複数のワクチンをそれぞれ3センチ以上離れた場所に打つ「同時接種」は問題ないが、あらかじめ混ぜて打つことは、未知の副作用や効果の低下につながる恐れがあるという。

MRワクチンのように、もともと混合されている薬剤を接種することや、異なる薬剤を離れた場所に同時に接種することについては、安全性が確認されています。しかし、異なる薬剤をあらかじめ混合して接種する方法については、安全性が確認されていないということです。

品川区では、誤った方法で接種を受けた可能性のある人は、平成24年4月から平成29年4月までの間で計358名(書類の保存期限が5年間のため平成24年3月以前については区で確認できず)だとして、対象者に通知を送付し、抗体検査や再接種を行うとのことです。

品川区内の医療機関で誤った方法で行われていた予防接種について (品川区)

この件については、森戸やすみ先生がわかりやすく解説してくださっています。あわせてお読み下さいませ。

ワクチンを混ぜて打ってはいけません (Jasmine Cafe)

相次ぐ麻疹感染のニュース。この機会に「SSPE」を知ろう。

新年度を迎えました。各地で麻疹の感染者が相次いでいます。

昨年夏に、関西国際空港での集団感染が発生し、あわせて33人の麻しん感染が確認されました(『関西空港内での麻しん(はしか)の集団感染事例について』、大阪府ホームページ)。そのうち27人は20代で、大人を中心に感染が拡大しました。報道によると、今年の3月末にも関空従業員の感染が確認されました(『関空島勤務の20代女性がはしか感染 大阪府など 注意呼びかけ』、産経新聞、4月7日)。

今年に入ってからは、山形県の自動車教習所での集団感染が話題になりました(『麻しん(はしか)患者の発生について』、山形県)。4月6日発表の第19報では54例確認されているとのことです。

風疹は胎児の生命に影響を及ぼす病気ですが、麻疹は風疹よりもさらにこわい病気です。この機会に「亜急性硬化性全脳炎」という病気を知ってください。SSPEといわれるこの病気は、小さな子どもが麻疹にかかって数年後に発症し、短期間のうちに寝たきりになってしまう病気です。「SSPEの悲惨さと青空の会の思い」という記事からメッセージを引用します:

SSPEは本当に悲惨な病気です。今まで元気に生活し、大切に大切に育ててきた我が子が、ある日突然発症し、数カ月で寝たきりになってしまうのです。目の前で見ている親の気持ちは言葉では言い表わすことなどできません。そして、患児の兄弟姉妹も、親ですらはかり知れない精神的負担を強いられます。このような、私達と同じ辛い思いをする家族がこれ以上出ることのないために、SSPE青空の会は、麻疹の恐ろしさ、SSPEの悲惨さを多くの人に知ってもらい、予防接種の大切さをこれからも訴え続けていきたいと考えています。麻疹の予防接種率が95%になればSSPEはなくなります。是非、医療、自治体なども、積極的に麻疹の予防接種率を上げる取り組みを進め、麻疹排除を推進していただきたいと思います。そして最後に、SSPEに罹ってしまった子供たちのために、早急なる治療の確立を切にお願いしたいと思います。

麻疹や風疹の予防にはMRワクチンの接種が最も有効です。今年度もMRワクチン接種の助成を継続している自治体があります。通常1万円以上するワクチンをお得に接種することができるのでぜひ助成を利用してください。

東京都
区市町村ごとの実施状況一覧(PDF)が提供されています。

神奈川県
横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町以外の市町村にお住まいの方の風しん抗体検査は県が担当。予防接種の助成対象および金額は市町村ごとに異なります。

「風疹ゼロ」月間だけど…。

先週ブログを更新する時間がとれなかったので1週間遅れとなりましたが、2月4日は風疹の日でした。

前日には『「後悔したから知ってほしい」妊娠中に“風疹”母親のこと思い』というニュース報道もあり、風疹に関するツイートが増えました。もうすぐ風疹をなくすことができる、そんな時代が一歩先にあるという状況下での風疹大流行、CRS当事者や医療関係者の方々の「防ぐことができたのに」という悔しい思い、そして「二度と大流行を繰り返してはならない」という想いを多くの方に知っていただきたいと思っています。

そこで、具体的なアクションとして風疹ワクチン(MRワクチン)の接種を呼びかけたいところですが、ワクチンの供給不足の問題がいまだ解決していません。定期接種にも影響が出ています。最近になってやっと国が緊急調査を始めたとのことです(はしかワクチン不足懸念 国が接種状況を緊急調査, 1/31 神戸新聞)が、しばらくの間はこの状態が続くとみてよいでしょう。

このような状況下で三重県からは『麻しん(はしか)の集団発生について』ということで2月10日現在13人の罹患が確認されています。広島県からも『インドネシアから帰国した麻しん患者の発生について』の報告が出ました。麻疹は、基本再生産数(免疫のない集団で1人の患者が何人に移すかを表す)が16〜21で、風疹の7〜9やインフルエンザの2〜3など他の感染症と比べると感染力が強い感染症です。1人でも患者が発生すれば集団感染へと結びつく可能性があります。

風疹や麻疹の怖さを認識する機会は普段ほとんどありません。集団発生や大流行が起きたときになってから自分も予防接種をしなくてはと思う方がほとんどです。そのような時こそ、広く予防接種を呼びかけるチャンスなのですが、今の状況ではあまり強くプッシュできずに歯がゆい思いがします。それでも多くの方が話題としてくださり、CRSという病気の認知度が上がるということがありがたいです。とにかく、時計の針を戻さないでほしい。前へ、前へと進めてほしい。風疹によって命を落とす子どもがいなくなりますように。

風疹ゼロプロジェクト、始動。2月4日は「風疹の日」。

日本産婦人科医会を中心に風疹ゼロプロジェクトが始動しました。2月4日を「風疹の日」として啓発活動を進めていくとのことで、来週には早速、風疹の日が到来するようです。

プロジェクトの背景は、日本産婦人科医会のウェブに掲載されているPDF(第103回(H28.11.9)みなさん風疹を忘れていませんか? -『“風疹ゼロ”プロジェクト』のとりくみ-)をお読みいただくとよく理解できるかと思います。

以前から繰り返し指摘されている通り、女性(特に妊娠を希望する方)はもちろん、30~50代の男性をターゲットにした取り組みが必要です。働き盛りの世代の方は病院に行くのに抵抗があるという方が多いと思います。私自身働き始めてから病院に行くハードルがぐっと上がりました。会社帰りに気軽に行ける、できれば就業時間中にサクッと予防接種を受けられるような仕組みを作るべきだと思います。注射が好きな人はいません。健康なのに注射などする必要があるのか、できればやりたくないというのは当然のことで、お金と時間のコストを理由にして予定を先延ばしにし続けてしまいがちです。キャンペーンを長くダラダラとやっても忘れられてしまうので、ハードルをぐっと下げた上で、集中的な啓発を行うことが必要不可欠です。

対策として最も効果があるのは予防接種を受けやすい仕組み作りだと思いますが、先天性風疹症候群という疾患があって、実際に困っている人がいるということがまず前提なので、このウェブサイトを維持するという形で様々な啓発キャンペーンに協力できたらなと思います。

2016年の年末を迎えました。

今年は麻疹の局地的な流行があり不安が拡がったことやMRワクチンの品質に問題があるとして出荷停止となったことから、ワクチンが供給不足となり、9月には定期接種対象の子どもを優先するように厚生労働省からの通知が出ました。日本外来小児科学会の「MRワクチンの供給状況に関する緊急調査」によれば、2016年12月1日時点でも「MRワクチンの供給(入荷)は順調ですか?」という質問に対して、「平常通りではないが、なんとか必要な本数は入荷している」が40.8%、「注文しても必要な本数が納品されない」が33.3%となっており、まだ状況が改善されていないように思われます。

大人への対策も重要ですが、子どもへの定期接種が優先です。MRワクチンを打ちましょうと啓発したくても、私の地元のクリニックが入手困難といっているような状況ではトーンダウンせざるを得ませんでした。化血研の不正問題を受けて今までの護送船団方式を改めようという動きがあるようですが、供給不足時の柔軟な対応も含めて議論されることを期待します。

個人としては、春から新たなステージに進んだことで聴覚障害以外の障害を持つ方との交流が広がりました。異なるニーズを持つ方々と一緒にコラボレーションする機会をもち、他の障害については健常者と同じように知らないことばかりだということを実感しました。自分と異なる存在を受け容れるためには、まず相手のことを理解することが必要です。また、相手に自分を受け容れてもらうためには、自分の強みを知ることも重要です。来年は好奇心を忘れず得意なことをもっと得意にしていきたいなと思っています。

約25年前に風疹症候群で生まれた時のこと(2)

サイト開設3周年となりました。たまには初心に返ろうということで『約25年前に風疹症候群で生まれた時のこと』という記事の続きを書いてみたいと思います。

例の記事では生後10ヶ月頃から補聴器を装用し始めたところで終わっておりますが、補聴器はつけただけで聞こえるようにはなりません。聴者だって、いきなりアメリカに行ったって自然に英語が聞こえるようにはなりませんよね?聞こえない人にとって音声言語つまり日本語は「外国語」です。発音の仕方から教わって身に付けます。

聞こえない子供が日本語を学ぶのは聴者が英語を学ぶのと同じことなのですが、感音性難聴の場合は音が歪むせいで「聴こえても聞こえない」という大きな問題があります。聞き取るのも相手の唇を読むのも集中力が必要です。「ヨシ、聞くぞ!」と心の準備をしてからでないといけないので聴者のように自然に言葉を覚えることはできません。日本語を使いこなせるようになるには聴者の何倍ものの時間が必要で、実際、小学校低学年のころでも基本的な動詞である「行く」と「来る」を使いこなせていませんでした。

本や漫画、あとはアニメについている字幕を活用して目で少しずつ覚えたおかげで今では日本語をほぼ不自由なく使うことができます。ただ、話題になっている新しい言葉は自分から拾っていかないとよく聞き取れずにナニソレ?で会話が終わってしまいますし、TPOに応じた言葉のマナーも他の人の様子を見て覚えることができないのでネットや本で知識を仕入れる必要があります。

この頃思うのは聴覚障害という障害は単に聞こえない・聴こえないというだけでなく「情報があっても『情報がある』ということすら気づけない」という障害であるということです。たとえば、会議に出席していても他の人が何を話しているのかよく分からなくてお客さん状態になりがちです。その場で自分に関係のある情報があったとしても、そのような情報があったことすら分からないので同僚に聞くことすらできません。音声でのコミュニケーションが難しいために周囲から孤立してしまうことにつながる、これが聴覚障害=コミュニケーション障害といわれるゆえんなのです。

周囲から孤立してしまい聴者の世界に居場所を見いだせないとなると私の居場所はどこにあるの?という疑問が湧くのは当然のなりゆきでしょう。私自身も、聞こえる世界と聞こえない世界という二つの世界のあいだに深い溝が横たわっているために、なかなか突破口を見出すことができなかったように思います。結局は、大学で聾のコミュニティに入って聞こえない世界のほうに軸足を置く形になったのですが、ここに辿りつくまでかなり時間がかかりました。とはいっても聾者の中では難聴者であり、難聴者の中では聾者である、そもそも目が見えづらいために聴覚障害者の中にいてもなお障害者である、という微妙な立ち位置にいるのでアイデンティティ探しの旅はもうしばらく続きそうです。

今までの四半世紀を見返すと、それなりに山あり谷ありという感じではあったものの、正直、聴覚障害に関しては適応が進んでいるいて自分では不幸だとかいったネガティブな気持ちはあまりありません。難聴も白内障も歳を取れば多くの人が経験するので他の人より早く歳をとってしまったという感じでしょうか。耳が聞こえないのと目に病気があるために不便なことは多々あるのですが、基本的には健常の人と変わらない生活を送ることができています。

ただ、障害者になりたくてなったわけではないので予防接種によって社会が風疹などの感染症から守られ病気や障害を持たずに済む未来、そして病気や障害があっても学んだり働いたりするチャンスが与えられる未来を残したいです。最近、風疹なんか罹ったって軽く済むんだから子供の頃みんなで罹ればいいじゃんという意見を目にしたのですが、先天性風疹症候群の子供がたくさん生まれていた時代に戻すなんて絶対にありえません。障害への理解という観点からいっても今のほうが断然いいです。私のころはまだ口話教育の時代ゆえ手話を禁止していた学校もあり、今のように手話を堂々と使えるような時代ではありませんでした。昔よりも今のほうがいい時代だなあと思うのですが、将来の若い人たちにも昔より今のほうがいいと思ってもらいたいです。

東京都の企業に向けた感染症予防支援がNHKニュースで取り上げられました。

11月9日にNHKの首都圏ネットワークで『風疹 東京五輪までに排除目指す』という特集がありました。

以前、『東京都で企業の感染症予防を支援する取り組みがスタート』という記事を書いたのですが、この取り組みで社員の抗体保有率8割を達成したという企業が紹介されていました。

今回紹介されたのは『サクラファインテックジャパン株式会社』という病理診断分野を専門とする医療機器メーカーで、同社会長の石塚氏が以下のようなコメントを寄せています。

例えば通勤電車の中で隣の人が妊娠しているかわからない。それでもリスクとしてあるわけで、社内だけでなく社外も含めて社会貢献という意味で風疹ワクチンの接種をしている。企業が本気になって取り組むのが一番の近道だと思う。

2013年の風疹大流行は、主に働き盛りの男性を中心に流行が起きました。この世代の抗体保有率を上げるためには、予防接種を受けやすい環境作りが必要です。接種費用の補助があり、また勤務時間中に受けられるようになれば気軽に接種を受けられるようになるでしょう。

企業に向けた取り組みでは、風疹予防への取り組みをすることで企業のイメージアップに繋がるという手応えを得られるようになることが重要です。企業トップの皆さんには自社だけでなくお客様など社外の人にも影響を及ぼすということを認識していただきたいと思っています。

新年度スタート。

新年度に入りました。今年度も東京都、神奈川県に関しては、早めに助成情報をまとめようと思っています。一部の自治体では変更点が生じているので注意してください。札幌市では抗体検査の中止[1]、神戸市では予防接種のみ実施[2]など変更点が生じています。

最近の気になるニュースとしては、東京都足立区と国立成育医療研究センターが共同で区立小学校に在籍する小学1年生の保護者を対象に行った「子どもの健康・生活実態調査」[3]があげられます。

MRワクチンの第2期接種(定期接種)を受けていない子供は9.2%で、生活困難世帯(全体の24.8%)では13.4%、非生活困難世帯では7.4%という結果が報告され、以下のような分析がなされています(報告書本編 p.40)。

子どもの医療費が無料(公費負担)であることを踏まえると、経済的な理由だけでなく、保護者が子どもの健康に関心があるか否か、そのための時間を確保できるかどうかなどの要因も影響していると考えられ、今後さらなる調査が必要です。

希望する人が全員ワクチンを接種できるように、保護者への情報提供の強化や夜間・休日に接種しやすい環境作りが必要です。予防接種は、感染症から命を守るだけでなく、高額な医療費がかかるリスクも減らすことができます。接種したかったけれど無料になる期間を逃してしまった、ということが起きないようにしてほしいと思います。

  1. 風しん抗体検査 (北海道札幌市)
  2. 風しん抗体検査について / 風しん予防接種の助成について (兵庫県神戸市)
  3. 「子どもの健康・生活実態調査」の結果がまとまりました (東京都足立区)

風疹・CRS関連の情報まとめ

風疹やCRSについて調べている方向けのリストです。書籍については『風疹関連ブックリスト』にまとめています。

風疹・CRSについて

法律・指針・ガイドライン

予防啓発

その他

ジカ熱に慌てる前に眼前の風疹対策を

最近、中南米でジカウイルス感染症が流行し、風疹と同じように胎児に影響を及ぼすことが指摘されています。日本でも感染者が確認された[1]ということですが、風疹とは異なり人から人への感染はほとんどなく季節も蚊の少ない冬にもかかわらず報道が煽り気味なのが少し心配です。医療関係者からは「ジカ熱よりも風疹の対策を」という声もあがっています[2]

最近、神奈川県の抗体検査(保健所設置市を除く地域で実施)で2015年4月~12月に受けた984人のうち約4割にあたる352人が抗体不十分と判定されていたことが明らかになりました[3]。また、赤すぐ総研による「乳児と母親の予防接種に関する実態調査(2015)」においても、2181人中、妊娠前あるいは妊娠中に風疹の抗体検査を受けた人は全体の75%で、このうち22.6%が抗体不十分と判定されており、また、抗体不十分と判定された人の半数近くが何もしていないという実態が明らかになっています[4]。以前公開された東京都のデータ[5]と併せて考えると、まだ再流行のリスクは残っていると考えたほうがよいでしょう。

2020年までに風疹を排除(elimination)する目標がありますが、それはあくまでもマイルストーンのひとつです。日本で風疹を排除してそれで終わりというわけではありません。海外からウイルスを持ち込まれる危険性があります。はたしてわが国は今後排除状態を何年維持することができるのでしょうか?排除したあとに「風疹にかかっても大丈夫だよね、予防接種なんて要らないよね」なんてことを言い出す人が増えれば再流行を起こすリスクが高まります。排除状態を維持するためには後の世代にしっかりと教訓を残すことが重要です。

2013年の流行もすでに記憶が薄れつつあり、抗体検査やワクチンの助成利用者をいかに増やしていくかが今後の課題です。新年度も、排除目標を確実に達成していくための様々な取り組みがあることを期待しています。

  1. ジカ熱の感染を確認 川崎市の10代男性』、NHKニュース、2016年2月25日
  2. 日本は”国際的懸念”のジカより風疹予防を』、Medical Tribune、2016年2月24日
  3. 風疹:妊婦守って 昨年4〜12月・984人検査、「抗体不十分」4割 例年春先に流行、県が予防接種呼びかけ /神奈川』、毎日新聞、2016年2月9日
  4. 乳児と母親の予防接種に関する実態調査(2015)』(PDFファイル)、株式会社リクルートライフスタイル、2015年9月29日
  5. 平成26年度風しん抗体検査事業実績』、東京都、2015年9月18日
1 2 3 5 »
PAGETOP
© 2013 Sakurako. BizVektor Theme by Vektor,Inc.