風疹のこと

「ワクチンを打つ」リスクと「病気にかかる」リスクのはなし。

風疹だけでなく麻疹も流行中 ここ最近、風疹だけでなく麻疹の流行も起きています。三重県の宗教団体の研修会で10代~20代の若者24名が集団で麻疹に感染し、その後、あべのハルカスや大阪府済生会茨木病院でも集団感染が発生しています。 麻疹は空気感染のため、その人と同じ空間を共有しただけでうつってしまう可能性があります。患者さんが一人発生したと確認がとれた時点で、もう感染が拡がっている可能性があり続きを読む...
風疹のこと

2018年風疹流行の「結果」が出ました。

とうとうおそれていたことが起きてしまいました。2018年の流行でも、先天性風しん症候群の男児が確認されました。 これから何人わたしたちと同じ思いをすればよいのでしょうか?45人生まれて、11人亡くなったのに、たったの45人と思われてしまったのです。その結果こうなった。あれほど同じことを繰り返してはならないと言ったのに、足りなかったのです。5年以上経った今、2013年に流行していたことすら忘れ続きを読む...
風疹のこと

わたしが風疹症候群で生まれた体験を書き続ける理由

年末に読売新聞の医療ルネサンスで紹介していただきました。紙面のほうと有料記事になりますがウェブのほうにも掲載されています。 【子どもを守る】逆境の先に(1)風疹で障害 体験を発信 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)  この夏、流行が始まった風疹は、感染の拡大が続く。5年前の大流行を思い起こさせる勢いだ。 「流行は今回で最後にしたい」。横浜市の会社員、風見サクラコさん(ペンネ続きを読む...