CRSサバイバーによる風疹・CRS関連の情報提供や体験談のサイト。

ブログ

目が見えない、見えづらい人のためのIT活用についてのメモ

目が見えない人のIT活用ということでまず思い浮かぶのはスクリーンリーダーでしょうか。読み上げソフトはPC-Talkerという製品がよく使われているようです。パワーユーザ向けにはJAWSがあります。ブレイルメモなどの点字ディスプレイをパソコンにつなぐとスクリーンリーダーからの出力を点字で読むことができます。会社で使う場合には、業務内容やスキルによって適しているソフトが変わってくるので高齢・障害・求職者雇用支援機構の就労支援機器貸し出しサービスを利用するといいでしょう。

事務処理にはWord/Excel/Powerpointが必須ですね。音声だけでどこまで操作が可能かは、キーボードと音声による操作マニュアルが参考になるでしょう。画面レイアウトには晴眼者のサポートが必要となるものの大抵の操作は可能です。ただ晴眼者のようにある機能をわすれても見て分かるというわけにはいきません。ショートカットキーをいっぱい覚える必要があるのでスキル習得には時間がかかります。

弱視の場合にはZoomTextという専用のソフトがあります。もちろんWindowsにも拡大鏡機能はあるのですが、文字や画像の輪郭がぼやけてしまいかえって見づらくなってしまいます。拡大機能は画面の一部しか見えないので長い文章を読むのにはスクリーンリーダーのほうが便利です。

文字の大きさや色、フォントの変更も読みやすさ向上や眩しさを低減するのに有効です。Windowsの標準機能にハイコントラストモードがあり、画面全体の色を反転させることができます。ただし、色が変わってほしくない箇所が変わってしまうデメリットがあります。その場合は、テキストエディタを好みの色や文字サイズに設定して必要なときはコピペして読み書きするのがよいでしょう。Windows付属のメモ帳は頼りになりません。TeraPad秀丸エディタを導入しましょう(秀丸は「秀丸リーダー」という付属ソフトがありPC-Talkerにも対応しています)。

スマートフォンのアクセシビリティ機能も近年大幅に向上しています。iPhoneではVoice Over機能があります。画面表示をしてもバッテリーが無駄になるだけなのでスクリーンカーテンといわれる画面を真っ暗にする機能もあります。真っ黒な画面でもキーの位置を覚えて操作することができるのですが、真っ黒い画面を操作しているのを見ると最初は驚くかもしれませんね。他にも画面の拡大や色の反転、コントラスト調整などの機能があります。マイナーな機能ではNight Shiftという画面を暖色にする機能があるのですが、これも眩しさ低減に役立ちます。Night Shiftとはあるものの24時間設定することも可能です。

カメラ機能を使って電車の空席を探したり、遠くのものを見るという使い方もります。晴眼者のかたも風邪薬のラベルを読むのに使うのではないでしょうか。ウェブページによっては画面を拡大できないように設定している場合もあるので、画面をキャプチャして拡大することもあります。TapTapSeeというカメラで写真を撮ると何が映っているかを説明してくれるアプリもあります。最近ではフェイスブックが人工知能を活用して写真の内容を説明する仕組みを提供しはじめたことで話題になりました。

私自身の場合は、眼精疲労が起きやすく調子がよければ一日Excelとにらめっこしていても問題ないし、かといってダメな日はうんと文字を拡大してもぼやけて頭が痛くなり出すという具合に日によって調子がコロコロ変わるので疲労を蓄積しないようにいくつか対策をしています。

具体的には、モバイル型のノートパソコンを大きめのディスプレイに接続し画面全体を拡大して使っています。ハイコントラスト機能を使うと業務アプリが使いづらくなってしまうので画面の色は変えずにテキストエディタだけを見やすいようにカスタマイズしています。プライベートでは秀丸エディタ、仕事ではTeraPadですが、秀丸のほうがマクロが扱えるので便利です。スクリーンリーダーは耳がボンコツ仕様なので使いません。マウスポインタの大きさ調整などを細々と設定して視認性を高めたり、よく使う操作はショートカットキーを覚えるなどして目で探さずに済むようにするといった細々とした工夫も意外と重要です。

目が見えづらい人のITツール利用は工夫次第でなんとかなる場合が多いのですが、色を変えれば見やすくなるということも一般にはあまりよく知られていないようで就労を諦めてしまうケースもあるようです。病気が進んだ場合でも職業訓練を受けることによって就労が継続できるケースもあるので諦めないことが重要だと思います。

東京都の企業に向けた感染症予防支援がNHKニュースで取り上げられました。

11月9日にNHKの首都圏ネットワークで『風疹 東京五輪までに排除目指す』という特集がありました。

以前、『東京都で企業の感染症予防を支援する取り組みがスタート』という記事を書いたのですが、この取り組みで社員の抗体保有率8割を達成したという企業が紹介されていました。

今回紹介されたのは『サクラファインテックジャパン株式会社』という病理診断分野を専門とする医療機器メーカーで、同社会長の石塚氏が以下のようなコメントを寄せています。

例えば通勤電車の中で隣の人が妊娠しているかわからない。それでもリスクとしてあるわけで、社内だけでなく社外も含めて社会貢献という意味で風疹ワクチンの接種をしている。企業が本気になって取り組むのが一番の近道だと思う。

2013年の風疹大流行は、主に働き盛りの男性を中心に流行が起きました。この世代の抗体保有率を上げるためには、予防接種を受けやすい環境作りが必要です。接種費用の補助があり、また勤務時間中に受けられるようになれば気軽に接種を受けられるようになるでしょう。

企業に向けた取り組みでは、風疹予防への取り組みをすることで企業のイメージアップに繋がるという手応えを得られるようになることが重要です。企業トップの皆さんには自社だけでなくお客様など社外の人にも影響を及ぼすということを認識していただきたいと思っています。

もし、難聴が治る未来が来たら?

最近、『iPS細胞から遺伝性難聴の原因となる内耳ギャップ結合形成細胞を作製』したというプレスリリースが順天堂大学から出ました。臨床応用にはまだまだ時間がかかると思われるのですが、この研究のように再生医療の研究でiPS細胞の活用が拡がっており、いつかは難聴を治療できる時代が到来しそうです。「もしかしたら治るのでは?」という期待も膨らみますね。

ただ、生まれつき聞こえない人の場合は「聞こえるようになったね、よかったね。」では済まないと思います(中途失聴の人でもそうだとは思いますが)。アイデンティティの再構築、聞こえる人との見えない壁、そして年単位のリハビリ。長い道のりが待っています。

聞こえない人(主に難聴の人)は聞こえない世界と聞こえる世界の二つでバランスを保っています。聞こえる世界で生きづらさを感じても補聴器や人工内耳をオフにすれば一時的にでもそこから逃れることができます。四六時中聞こえる状態になれば聞こえる世界から逃げることはできません。聞こえない世界で生きてきた人が聞こえる世界に適応するのには時間が掛かるでしょう。

さらに、聞こえるようになっても見えない障害は残ります。障害があることによって失われたチャンス、得られるはずだった経験や知識を取り返すことはできません。経験や知識が不足しているために、他の聞こえる人と同じようには聞こえなかったり、他の人と同じように扱ってもらえないという状況を経験することになるはずです。

もちろんリハビリだって大変です。今でも先まれつき聞こえない人が大人になってから人工内耳を使うのは難しいのだそうです。音が聞こえてもそれを言葉として認識することは簡単ではありません。手術を受けて言葉が聞き取れるようになった人はいるようですが、最初は雑音のような音が入るだけで、会話ができるようになるまでには年単位の時間を要します。

生まれつき聞こえない人が聞こえるようになる素晴らしい未来が来たとしても、聞こえる耳を手に入れるにはそれなりの覚悟や勇気が必要です。新たなチャンスを作れるだけの気力があるか、新たな価値観を受け入れるだけの柔軟さがあるか。ハードなチャレンジは若い人のほうが向いているかもしれません。次世代の皆さんに期待しています。

そもそも緑内障って何が怖いの?失明を防ぐには?

そういえば、緑内障のこと書いてないんでは?といまさら気づいたので書いてみます。緑内障は失明の原因となる怖い病気といわれています。早く治療をはじめれば最悪の事態を避けることができる可能性大なのですが、緑内障の視野欠損を自覚するのは難しいのです。人間の頭は賢く視野が欠けていてもその部分をうまくつなぎあわせてしまうのでなんだか見え方がおかしいと気づいた時にはかなり進んでいるということも起きます。

そもそも緑内障という病気は、眼圧(目の中の圧力)が高くなることにより視神経が圧迫されて損傷し視野が徐々に狭まっていきます。眼圧の正常値は10~20mmHgですが、日本人の場合、眼圧が正常範囲内なのに視神経が圧力に耐えられず視野欠損をおこすタイプの緑内障(=正常眼圧緑内障)の人が多く「眼圧が正常だから大丈夫」とはいえません。失ってしまった視野は現在の医学では取り戻すことができないので手遅れにならないためには早期発見・早期治療、治療の継続の2点がポイントです。

早期発見・早期治療といっても、どうすれば気づくことができるのでしょうか。ときどき片目ずつ見て異常が無いかどうか確かめるとよいでしょう。視野欠損といってもいきなり真っ黒になるわけではありません。最初は視野の他の部分はよく見えるのに一部だけぼんやりしているという状態です。簡易版ノイズフィールドチェックというセルフチェックツールもあります。セルフチェックで見え方がおかしいぞと思ったら眼科で検査を受けることをオススメします。視野に異常が出る病気は緑内障以外にもあります。緑内障かと思っていたら網膜剥離でオペが必要ということもあるので早めにいきましょう。

検査の結果、将来視野を失うリスクが高いとなれば治療開始です。エビデンスに基づいた有効な治療法は「眼圧を下げる」のみ。視神経を保護する薬の開発などが進んではいるものの根治療法はまだありません。今は点眼や手術で眼圧を下げるのがベストな治療法です。治らないので数年、数十年単位での長期戦を覚悟する必要があります。

とはいえ年単位の長期戦ゆえに治療を続けるということ自体が難しいという問題があります。この病気の怖さは実際に視野を失ってみないと分かりません。そうなってからでは遅いのでなんとか工夫をしてモチベーションを維持することが大切です。毎回受診の度に眼圧の記録をつけたり視野検査の結果をもらって壁に貼ったりするなどして自分の状態を把握しておくのが効果的です。

治療の途中で手術をすすめられる事もあるでしょう。手術をすすめられるのは「リスクを負ってでも眼圧を下げる必要があるとき」です。具体的なタイミングはドクターの方針にもよりますが、視野欠損の進みが早い場合やこれ以上使う薬がない場合には観念するしかありません。手術が怖いからと「緑内障は治る」という甘い言葉に釣られて怪しげな健康食品やマッサージに手を出すのはやめましょう。手術は一時間前後プラス術後の10日前後を我慢すればいいだけですが、視野は失ってしまえばその状態がずっと続くことになり結局は自分自身が見えづらさでしんどい思いをすることになります。

緑内障の手術を受けました

前回の更新から約半年たってしまいましたが、最近緑内障の手術を受けたのでそのことについて書こうと思います。

緑内障の手術は悪くならないようにするための手術なのでイヤというわけにはいきません。もう使う薬がありませんと言われたらハイというしかないのです。もともと4剤併用(ルミガン+コソプト(配合剤)+アイファガン)を2年近くやっていて昨年から5剤目(グラナテック)を追加という状態だったので近いうちに手術になるだろうなとは思っていました。

緑内障の手術にはいくつか種類があるのですが、今回受けたのはチューブシャント術です。理屈は従来のトラベクレクトミーと同じで新たに水の出口を作ってやることにより眼圧を下げます。今回は「バルベルト」というインプラントを埋めこんで目の中にチューブを挿入しチューブの先についているプレートから水を出します。

実際受けてみての感想はといいますと、インプラントを入れるために大きく切開するので痛みや出血が出やすいなと思いました。成人してからの手術はこれで4回目なのですが、IOL挿入やIOL逢着のときよりも痛みが強いです。手術自体がちょっと痛くて、術後の痛みもそれなりのものです。術後4日目にひどい術後痛がきたのはさすがに想定外でした。出血については、最初は視野が黄ばんでいて指の本数が分かる程度だったのが色が白くなり少しずつ見える範囲が広がっていきます。この痛みや見えづらさは時間の経過とともに良くなってきており、ある程度落ち着くまで10日前後ほど掛かると思われます。

実際に眼圧を下げるのはこれからです。急激な眼圧低下を起こさないための仕掛けがしてあり傷口が安定したら抜糸して水が流れるようにするようです。それまでは眼圧を下げる点眼薬を使わずに過ごします。手術していないほうの目には点眼が必要なのでエラーを起こさないように気をつけなければいけません。左には緑内障の薬、右には術後の点眼(抗菌剤とステロイド)となるので注意が必要です。

ところでこのチューブシャント術、海外では20~30年前からの実績があり初回手術での適応もあるようですが、日本での保険適応は2012年からで難治症例のみに限られている状況です。つまりこの手術で助かったかもしれない患者さんを助けることができない状態が長い間続いていたということになります。最近では参天製薬が緑内障用デバイス“MicroShunt”の開発元である米InnFocus社を買収しており、今後は新たなデバイスが使えるようになるのではないかと期待しているところです。

新年度スタート。

新年度に入りました。今年度も東京都、神奈川県に関しては、早めに助成情報をまとめようと思っています。一部の自治体では変更点が生じているので注意してください。札幌市では抗体検査の中止[1]、神戸市では予防接種のみ実施[2]など変更点が生じています。

最近の気になるニュースとしては、東京都足立区と国立成育医療研究センターが共同で区立小学校に在籍する小学1年生の保護者を対象に行った「子どもの健康・生活実態調査」[3]があげられます。

MRワクチンの第2期接種(定期接種)を受けていない子供は9.2%で、生活困難世帯(全体の24.8%)では13.4%、非生活困難世帯では7.4%という結果が報告され、以下のような分析がなされています(報告書本編 p.40)。

子どもの医療費が無料(公費負担)であることを踏まえると、経済的な理由だけでなく、保護者が子どもの健康に関心があるか否か、そのための時間を確保できるかどうかなどの要因も影響していると考えられ、今後さらなる調査が必要です。

希望する人が全員ワクチンを接種できるように、保護者への情報提供の強化や夜間・休日に接種しやすい環境作りが必要です。予防接種は、感染症から命を守るだけでなく、高額な医療費がかかるリスクも減らすことができます。接種したかったけれど無料になる期間を逃してしまった、ということが起きないようにしてほしいと思います。

  1. 風しん抗体検査 (北海道札幌市)
  2. 風しん抗体検査について / 風しん予防接種の助成について (兵庫県神戸市)
  3. 「子どもの健康・生活実態調査」の結果がまとまりました (東京都足立区)

風疹・CRS関連の情報まとめ

風疹やCRSについて調べている方向けのリストです。書籍については『風疹関連ブックリスト』にまとめています。

風疹・CRSについて

法律・指針・ガイドライン

予防啓発

その他

ジカ熱に慌てる前に眼前の風疹対策を

最近、中南米でジカウイルス感染症が流行し、風疹と同じように胎児に影響を及ぼすことが指摘されています。日本でも感染者が確認された[1]ということですが、風疹とは異なり人から人への感染はほとんどなく季節も蚊の少ない冬にもかかわらず報道が煽り気味なのが少し心配です。医療関係者からは「ジカ熱よりも風疹の対策を」という声もあがっています[2]

最近、神奈川県の抗体検査(保健所設置市を除く地域で実施)で2015年4月~12月に受けた984人のうち約4割にあたる352人が抗体不十分と判定されていたことが明らかになりました[3]。また、赤すぐ総研による「乳児と母親の予防接種に関する実態調査(2015)」においても、2181人中、妊娠前あるいは妊娠中に風疹の抗体検査を受けた人は全体の75%で、このうち22.6%が抗体不十分と判定されており、また、抗体不十分と判定された人の半数近くが何もしていないという実態が明らかになっています[4]。以前公開された東京都のデータ[5]と併せて考えると、まだ再流行のリスクは残っていると考えたほうがよいでしょう。

2020年までに風疹を排除(elimination)する目標がありますが、それはあくまでもマイルストーンのひとつです。日本で風疹を排除してそれで終わりというわけではありません。海外からウイルスを持ち込まれる危険性があります。はたしてわが国は今後排除状態を何年維持することができるのでしょうか?排除したあとに「風疹にかかっても大丈夫だよね、予防接種なんて要らないよね」なんてことを言い出す人が増えれば再流行を起こすリスクが高まります。排除状態を維持するためには後の世代にしっかりと教訓を残すことが重要です。

2013年の流行もすでに記憶が薄れつつあり、抗体検査やワクチンの助成利用者をいかに増やしていくかが今後の課題です。新年度も、排除目標を確実に達成していくための様々な取り組みがあることを期待しています。

  1. ジカ熱の感染を確認 川崎市の10代男性』、NHKニュース、2016年2月25日
  2. 日本は”国際的懸念”のジカより風疹予防を』、Medical Tribune、2016年2月24日
  3. 風疹:妊婦守って 昨年4〜12月・984人検査、「抗体不十分」4割 例年春先に流行、県が予防接種呼びかけ /神奈川』、毎日新聞、2016年2月9日
  4. 乳児と母親の予防接種に関する実態調査(2015)』(PDFファイル)、株式会社リクルートライフスタイル、2015年9月29日
  5. 平成26年度風しん抗体検査事業実績』、東京都、2015年9月18日

予防接種の体験談『風疹/麻疹ワクチンとわたくし(完全版)』

ツバキハウスさんから『風疹/麻疹ワクチンとわたくし(完全版)』という本が出ました。

感染症って怖いよね、という話から始まって、著者や友人の抗体検査や予防接種の体験談などがコンパクトにまとまっておりとても分かりやすい本です。

風疹について扱ったものでは『コウノドリ』が最近は有名で、リアルな重いストーリーを途中でギブアップさせずに最後まで読ませてくれる絶妙なさじ加減が素晴らしく「風疹ワクチン、オレも打ったほうがいいのかな?」と思わせてくれるスゴ本なのですが、じゃあ具体的にどう行動すればいいの?ってことまでは教えてくれないのが弱点でした。この本には、グーグル先生への聞き方や病院に行くときの持ち物まで書いてあるので、予防接種を受けに行くためには何から始めたらいいのかということが分かります。

さくっと読み終わることのできる内容なので、市区町村の情報ページをプリントアウトした資料と一緒に渡して読んでもらうのにも丁度いいですね。

この本は『ツバキハウス』から通販で購入できます。また、1月31日にビッグサイトで開催されるコミティアでも頒布予定とのことです。

本の中で取り上げられている費用助成ですが、今年度も一部の自治体で実施しています。神奈川県では全ての市町村で抗体検査と予防接種の助成事業を行っています。抗体検査については『風しん抗体検査のお知らせ』で、予防接種については『市町村予防接種担当窓口について』のページで確認できます。東京都内の自治体でも23区を中心に抗体検査や予防接種の助成事業を行っています。『都内の実施状況(平成27年9月時点)』(PDFファイル)を参照してください。その他の地域にお住まいの方も「○○市 風疹 予防接種 大人」で検索すると情報が見つかります。

通常1万円するMRワクチン接種を格安あるいは無料で受けられるチャンスです。年度ごとに予算が組まれるため来年度も継続されるかどうかは分からないので、風疹の抗体があるか気になっている方、予防接種を受けようかなと思っている方はお早めにお願いします。

2015年、残り2週間!

あともう少しで2015年も終わりです。今年一番のニュースは、ドラマ版『コウノドリ』で風疹のエピソードが放送されたことだと思います。コウノドリをきっかけに風疹ワクチンを打ったという方々がおり、影響力の大きさを感じました。

風疹報告数は第49週の時点で155件の報告にとどまりました。CRSについても2014年の第40週以降の報告はありません。このまま年が変われば今年は大流行ナシ、CRS発生ゼロということになります。東京オリンピック開催年の2020年までこの状態が続くことを祈っています。

本年もツイッター上などで多くの方々にお世話になりました。特にコウノドリの放送タイミングで書いた『約25年前に風疹症候群で生まれた時のこと』という記事は多くの方々に読んでいただけたようです。RT等でご紹介いただき、ありがとうございました。

私が風疹などの感染症に関することで最も強く訴えたいことは「感染症によって病気や障害を負ったり命を失ったりするリスクがあるということ、そしてそれは誰かの現実になっている」ということです。来年もこのことを試行錯誤を重ねつつ繰り返し伝えていこうと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。

« 1 2 3 6 »
PAGETOP
© 2013 Sakurako. BizVektor Theme by Vektor,Inc.