風疹のこと

横浜市がやっと費用助成に乗り出すらしい&米国の麻疹

この記事は約2分で読めます。

横浜市民の皆さまに朗報です。

2014年度神奈川県内で唯一費用助成を実施してこなかった横浜市がとうとう風疹抗体検査と予防接種の助成を2015年度予算に組み込むそうです(『横浜市が風疹予防のワクチン接種と検査に助成費2200万円! 詳細は?』はまれぽ.com)。

対象は、妊娠を希望または予定する19歳以上の女性とパートナーで、ワクチン接種にかかる費用は3,000円台になる見通しです。市の担当者によると、2020年の風疹排除目標に向けて、単年度事業ではなく中期的な対策として考えたいということです。

話は変わって、いま海の向こうの米国では麻疹が発生し大きな問題になっています。ある地域では無料接種をはじめたりと当局の素早い対応を見ていて、風疹が流行ったときに「まだ一万人」と言い放った大臣がいる日本との違いを見せつけられている気がします。

なぜ大騒ぎになっているのでしょう?『予防接種がいやだな・・・という方へ』(ひだまりクリニック~産んだ後にも母親学級~)という小児科の先生のブログにこのようなことが書かれていました。

予防接種の研修で100人ほどの小児科医が集まった時の話です。
「麻疹でお子さんをみとったことのある方は?」と司会者が挙手を求めました。
半数以上の小児科医が挙手しました。

この部分を引用してツイートしたところ反響が大きかったことに驚きました。「えっ、まさか、麻疹で死ぬの?」と思った方もいるかもしれません。それはワクチンが普及したことによって感染症にかかる人が減り、身の回りで危険を感じることが少なくなってしまったせいだと思います。

麻疹はワクチンがなかった江戸時代に何度か大流行があり「麻疹は命定め」と言われるほど恐れられていました。今日でも肺炎や脳炎などを合併しやすくSSPEという悲惨な合併症も起こし命を失う人がいます。本当に危険な病気なのです。

3月に卒業旅行などでアメリカに行く予定のある方は麻疹の予防接種を受けたかどうか確認しておくとよいでしょう。風疹対策で麻疹風疹混合ワクチンの接種費用が助成される自治体があるので助成利用もぜひご検討ください。ほとんどの自治体において3月末までなので要注意です。

コメント